MIOX溶液に使用期限はある?

MIOX溶液に使用期限はある? MIOX溶液に使用期限はあります。
MIOXの有効成分は次亜塩素酸、二酸化塩素、過酸化水素、オゾンといったもので、これらは化合物的に不安定で持っているエネルギーが高く、他の物質を酸化して分解するような作用を持つものばかりです。
そのために細菌やウイルスを無毒化する効果があるわけですが、別に最近やウイルスが存在しなくても、一般的な有機物が混じっていればそれを酸化分解することで次第に有効濃度が下がっていきます。
また、別に有機物の混入などなくても、環境中に放置するだけでも徐々に分解されて水や酸素、塩化水素といった安定的な物質に変化していきます。
ですから作ってからある一定期間経過した溶液は、見た目には変わりがなくても効果が薄れていることがあり、殺菌や消毒の目的には使えなくなるのです。
実際の期限がどれくらいかというのは、濃度、保存温度、保存の状況などによっても変わりますから簡単には言えませんが、1週間程度を目安と考えておけば良いでしょう。

MIOXの作り置きの仕方をご紹介いたします

MIOXの作り置きの仕方をご紹介いたします 現在でも感染症対策を推奨する環境が、現在も続いているのが現状です。
残念なことに、この状況はしばらく続きそうな予感がしますので、消毒液は是非作り置きしておきたいものです。
MIOXをどのように作ればよいかをご紹介いたします。

MIOXは塩素性漂白剤を薄めて作ります。
新型コロナ対策で、ドアノブや器具の消毒などに使うと効果的です。
便座や衣類を消毒するときも、0.05パーセントを薄めて使うことができます。
具体的には、水500ミリリットルに対してキッチンハイター5ミリ(キャップ一杯分)の分量です。
沢山作っておいて、霧吹きなどにいれておいて気になるところに吹き付けれるようにしておきましょう。
一回作るとかなりの分量ができますので、使い方にもよりますがかなり長持ちさせることができます。
密閉した容器に入れておくと、効果が薄まることもなく安心して使用することが可能です。
気をつけねばならないことは、空気に触れていると効果が薄まるので必ず密閉しましょう。