このサイトではMIOX溶液の使い方を解説しており、正しく使って効果的に除菌することを紹介しています。
除菌が出来る点で様々な場所で利用することが可能で、嘔吐物の拭き取りにも使え、他にも感染予防にも使うことが可能です。
機器を傷める心配がないために、加湿器に入れて使用するユニークな利用法も紹介されており、他にも使用期限があるかどうかも解説しております。
正しく使えば感染症を始め、菌がもたらす害悪を取り除く上で大きな対策をすることもできます。

効果的に除菌する使い方を解説!

効果的に除菌する使い方を解説! MIOXは溶液を水で希釈して利用することが可能で人の手の消毒ができたり、それ以外にも物や食品までの消毒に最適であります。
使う用途に応じて希釈をすることがポイントですが、除菌を目的にする場合には菌やウイルスの発生する可能性のある様々な箇所に利用することが可能です。
MIOXの溶液の使い方に関しては嘔吐物や便の除菌の場合、10倍に薄めて行い、一般の身近な設備やモノに対しては70倍に薄めて使います。
予防については、250倍に希釈を行う形で行っても感染症予防に優れております。
使い方は少量でも殺菌力にも優れているので、溶液を希釈をするだけで効果があります。
なお使用期限の目安は開封しない場合には半年、開封後は70日を目途に使い切るのがベストです。

MIOX溶液の用途とその希釈方法について

MIOX溶液の用途とその希釈方法について MIOXは塩と水を使用して独自の電解セルで生成された、数種類の酸化特性を持つ混合酸化剤溶液です。
塩素の7倍から10倍の殺菌力を持ち、刺激臭といった強い臭いもありません。
また人体への影響も小さく安全性が確認されているため、食品への使用の他に加湿器にいれて室内に散布するだけで、空間を除菌して清潔に保つことができます。
さらにMIOXはレジオネラ菌などの細菌やウイルスにも効果があるので、用途に合わせて使用できます。
例えば病原菌が付着している着物の洗濯をする場合、原液5000ppmの場合10倍、3500ppmの場合7倍、水に原液を入れて希釈をして使用します。
またトイレの掃除をする場合、原液5000ppmの場合70倍、3500ppmの場合50倍に希釈をして便器やドアノブ、水洗レバーをふき取ることで除菌ができます。
さらにペットについた悪臭を放つ菌を除菌には原液5000ppmの場合10倍、3500ppmの場合7倍原液5000ppmの場合250倍、3500ppmの場合175倍に水で希釈して使うことができます。
この程度薄めると、さらに人体への直接的な影響もかなり小さくなります。
アトピーの方への影響や皮膚に害をあたえることがないので、マスクの消毒や室内を消毒液としても利用することができます。

ウイルス対策にはMIOX

MIOX 東京